期間工になるなら派遣会社の祝い金を受け取ろう

期間工はそれ自体非常に収入の多い仕事ですが、それだけでなく派遣会社を通じて応募することで祝い金を上積みすることができます。

経由する派遣会社、入社する工場によっては40万円程度の祝い金をもらえ、選考会に参加するだけでも数万円のお金を得ることができます。

期間工に入ることで受け取れる祝い金の一例

一例として、期間工.jpというサイトからトヨタ自動車に入社した場合に受け取れる祝い金は20万円です。

その内訳は、

  • 特別手当10万円
  • 初回更新特別手当10万円

で、選考会に参加した時点で7万円を受け取れるので当座のお金に困っていても安心ですね。

またほかに、日産車体九州の入社祝い金は50万円という大盤振る舞いです。

この金額は普通に企業の期間工募集サイトから応募した場合は受け取れないものですので、少しでも稼ぐ、多く上積みをしたいなら派遣会社を利用して応募するのはマストです。

派遣会社を通すメリット

現在在職中ならば特に、派遣会社を通すメリットは大きいです。

それは自分で様々な企業を調べなくても派遣会社がニーズに合った企業を見つけてきますし、入社時期の交渉も派遣会社が仲立ちして行ってくれるからです。

企業側としても派遣会社を通すメリットは大きく、人材紹介という形でも自分たちの会社の風土やニーズに合った人材を派遣会社が見つけてきてくれるため選別にかかる時間や手間が省けます。

さらに派遣という形で入社すれば、労務管理も一部を派遣会社に委託できますし、雇用保険料や社会保険料は派遣会社もちになるためコストの削減にもなります。

当サイトでは派遣会社が行う「人材紹介」という形で期間工になることをおすすめしています。

始めから直接雇用にしておけば、職場内でのトラブルの解決もスムーズに進みますし、契約更新の拒否も派遣よりはされづらいです。

派遣会社もあなたを紹介してあなたが入社した時点で紹介料を企業から受け取っていますから、高額の祝い金を出すことができるのです。

まとめ

期間工になることで少しでも多く稼ぎたい、というのなら派遣会社を通じて応募し、入社祝い金を受け取るのが最善の道です。

派遣会社を利用することでこちらは今まで知らなかったけれどもより自分にあった会社を紹介してもらえて祝い金ももらえますし、企業としても自分たちのニーズに合った人材を派遣会社が見つけてくれるのでwin-winなのです。

祝い金の上積みには出勤率条件があるところもありますが、真面目に勤めれば期間工1ヶ月分以上のお金を別に受け取れますので祝い金を活用しない手はありません。

タイトルとURLをコピーしました