期間工で働くなら派遣会社経由がおすすめな理由

期間工の求人を検索すると、直接企業と契約するものもあれば派遣会社経由で応募するものもあります。

期間工で働く場合には直接雇用と派遣会社経由とどちらがお得なのでしょうか。

また、待遇などの違いはあるのでしょうか。

今回、派遣会社経由で期間工として働く場合の待遇やメリットについてまとめました。

直接雇用と派遣雇用とは

期間工として働く場合、企業に直接応募する方法と派遣会社経由で応募する方法の2つがあります。

実は直接応募した場合でも派遣会社経由で応募した場合でも契約は企業との契約になるため違いはありません。

待遇の違い

直接雇用でも派遣会社経由でももらえる給与に差はありません。

例えばトヨタの場合初めての場合の日給例は9,900円となっており、派遣会社のサイトでも同様の日給となっています。

また、満了慰労金や満了報奨金もどちらも同じ金額がもらえ、赴任手当や経験者手当など各種手当も同様です。

期間工は基本的に寮生活をすることになりますが、直接雇用でも派遣経由でもどちらも寮費は無料で水道・光熱費もかかりません。

寮や工場の食堂も直接雇用の期間工と同様に利用することができます。

勤務時間や休日日数についても違いはありません。

派遣期間工のメリット

派遣会社を経由して期間工になった場合には主につのメリットがあります。

入社祝い金がもらえる

派遣会社経由で入社した場合には通常の給与とは別に、派遣会社から独自の入社祝い金がもらえます。

例えばある派遣会社ですと選考会に参加すると70,000円、入社するとさらに280,000円の合計350,000円の祝い金がもらえます。

入社までのサポートがある

派遣会社経由で応募すると、企業に入社するまでに様々なサポートが受けられます。

ひとりひとりに専任の担当者がつき、わからないことや困ったことを相談することができます。

面接の予行練習を行ってくれてアドバイスももらえるため、しっかり準備して面接に臨むことができます。

また、会社によっては面接会場までの交通費や宿泊費を負担してくれるものもありますよ。

まとめ

期間工として働く場合の直接雇用と派遣会社経由の違いについてまとめました。

直接雇用も派遣会社経由も最終的には企業との契約となるため違いはありません。

日給や満了慰労金・満了報奨金といった給与の面で両者の違いはありません。

赴任手当や経験者手当などもどちらも同様に受け取ることができます。

期間工の寮も同じ条件で利用できますし、勤務時間や休日の面でも差はありません。

派遣会社経由で入社した場合には通常の給与とは別に派遣会社から入社祝い金を受け取ることができます。

額も数十万円となることもあるので嬉しい収入ですね。

また、入社までのサポートが充実している点も大きな魅力ですね。

期間工として働くのであれば派遣会社経由での応募をおすすめします。