トヨタ期間工寮の利点と欠点!家具付きで無料でもトイレ、風呂共用

トヨタ自動車の期間工になると寮に入ることができます。

寮の指定はできませんが、勤務先の工場から一番近い寮になる場合がほとんどです。

寮に入ると生活費がほとんどかからないので貯金をしたいという場合にも是非おすすめですよ。

トヨタ期間工の寮の設備とルール

トヨタの期間工に採用されると希望者は寮に入ることができます。

自宅が近くて通勤できる範囲なら自宅通勤も可能ですが、地方から来ている場合などは寮があると助かりますね。

部屋は一人部屋だが洗面やトイレなどは共有

期間工の寮は独身寮なのでカップルや家族で暮らすことはできません。

部屋は一人部屋となり寮によって和室か洋室か異なりますが、ワンルームに収納スペースがある間取りです。

トイレや洗面所・洗濯機は共同で使うことになるので、潔癖症や神経質な人には辛いかもしれません。

車やバイクは持ち込み不可

寮には車やバイクが持ち込みできません。

そのため仕事が終わった後や休日に出かけたりする際は、誰かに迎えに来てもらうか公共交通機関やタクシーを利用するしかないのです。

寮の近くにバス停や駅があれば良いですが、遠い場合は不便に感じるでしょう。

職場まではバスで送迎してもらえる

寮へは車などが持ち込みできないので職場の工場までは会社のバスで送迎してもらうことができます。

送迎バスの出発時間まではゆっくり過ごすことができますし、バスなら雨や雪の日でも快適に移動できますね。

期間工で貯金をしたいなら寮に入るのがおすすめ

期間工でも寮に入らず賃貸物件を自分で借りて通勤することはできますが、期間工で寮に入ると生活費がほとんどかからないので、貯金目的で期間工に応募したのであれば寮は最適です。

寮費・光熱費が無料

寮に入る最大のメリットと言えるのが寮費や光熱費は一切かからない点です。

自分で賃貸物件を借りるとなると、毎月の家賃や高熱費などで5万円程はかかるでしょうし入居費用も必要です。

毎月5万円も浮けば、その分貯金することができるので1年で60万円は貯まるでしょう。

家電が備え付け

寮の各部屋にはテレビや冷暖房、冷蔵庫が備え付けられています。

また寝具一式も無料貸与してくれるので入寮時に用意するものは衣類や日用品くらいでしょう。

期間工は最長でも2年11ヶ月までの契約となるのでわざわざ購入するのはもったいないですが、こうした備え付けの設備を上手く活用して節約しましょう。

食堂で安く食事できる

寮での生活において自己負担しなければならないのが食事代です。

しかし工場と寮にそれぞれ食堂があるので500円~1,000円程という安さで温かい手料理が食べられます。

コンビニやスーパーへわざわざ買いに行く手間も省けますし、同僚や先輩と会話を楽しみながら食事できるのも嬉しいでしょう。

まとめ

トヨタ期間工に採用されれば独身寮に入ることができます。

寮費や光熱費も無料なうえに家電が備え付けなので、自分で賃貸物件を借りるよりもかなり節約できますよ。

また車やバイクなどが持ち込めないデメリットはありますが、移動手段がないので出かけるのを我慢でき、無駄遣いを避けられるでしょう。

寮に入れば食費くらいしかかからないので、その分貯金できるためおすすめですよ。