日産期間工の年収まとめ!工場ごとの違い

日産自動車の期間工の給料や年収見込みを工場ごとにまとめましたので参考にしてください。

日産自動車の期間工は工場により年収が異なる

日産自動車では以下の4工場にて期間工を募集していて、工場によって手当が大きく異なるので年収も差が出てくるでしょう。

栃木工場の給料

栃木工場は栃木県河内群にあり、3ヶ月間が契約期間となっていますので満了金を短期間でもらえるメリットがあります。

時給/日給 1,200円/9,000円または9,600円
満了慰労金(3ヶ月在籍) 9万円
皆勤手当(2ヶ月在籍) 8万円
経験者手当 5万円または10万円(経験期間による)
月収例 323,140円~344,640円(満了慰労金・皆勤手当て含む)
契約期間 3ヶ月(更新あり)

月収例を参考にすると、3ヶ月契約が更新できれば年収387万円~413万円となる計算です。

まずまずの収入ですが契約が3ヶ月で終了してしまうリスクがあるので、短期間の雇用でも問題ないという場合には向いているでしょう。

追浜工場の給料

追浜工場は神奈川県横須賀市にあり、満了慰労金のほかに組立加算や勤続加算・勤続ボーナスなどの手当があるので、他の工場より高収入が期待できるでしょう。

時給/日給 1,200円/9,000円
満了慰労金・組立加算・勤続加算(6ヶ月間出勤率90%以上) <組立の場合>

6ヶ月25万円

12ヶ月28万円

18ヶ月31万円

24ヶ月34ヶ月

<組立以外>

6ヶ月19万円

12ヶ月22万円

18ヶ月25万円

24ヶ月28ヶ月

皆勤手当(2ヶ月在籍) 8万円
勤続ボーナス(6ヶ月在籍) 5万円
入社祝い金 5万円
月収例 342,673円(皆勤手当て・勤続ボーナス含む)
契約期間 6ヶ月

月収例を参考にすると、6ヶ月契約が更新できれば年収450万円以上となる計算です。

組立工程に配属されるとはさらに収入が上がる一方、かなりきつい仕事だと言う評判もあるので体力に自信がない場合は厳しいかもしれません。

横浜工場の給料

横浜工場は神奈川県横浜市にあり、追浜工場の次に高収入が期待できますよ

時給/日給 1,200円/9,600円
満了慰労金(6ヶ月在籍) 19万円
皆勤手当(2ヶ月在籍) 8万円
入社祝い金(2018年7月・8月入社対象かつ入社後1ヶ月間出勤率90%以上) 10万円
経験者手当(2009年以降横浜工場にて1年以上継続勤務経験ある場合のみ対象・入社後1ヶ月間出勤率90%以上) 5万円
月収例 339,280円(皆勤手当含む)
契約期間 6ヶ月間

月収例を参考にすると、6ヶ月契約が更新できれば年収440万円以上となる見込みです。

横浜工場は2018年7月と8月の入社者を対象に入社祝い金を支給していますが、9月以降は支給があるかわからないのでもし日産の横浜工場で期間工を希望しているなら早めに応募しましょう。

いわき工場の給料

福島県いわき市にあり、4工場では一番年収が低くなる可能性が高いですが、高額な入社祝い金がもらえるのが魅力です。

時給/日給 1,200円/9,000円または9,600円
満了慰労金(6ヶ月在籍) 10万円
入社祝い金(面接会参加者限定) 総額20万円
月収例 270,000円
契約期間 6ヶ月間

月収例を参考にすると、6ヶ月契約が更新できれば年収340万円以上が見込めます。

手当が他の工場より少ないですが、独身でかつ寮に入るなら貯金もできるほどでしょう。

また入社祝い金が一番高額なので、すぐにまとまったお金が必要という場合には嬉しいですね。

まとめ

日産自動車の期間工は工場によってかなり年収に差があり、一番給料が良いのは追浜工場で次に横浜工場ですが、この2工場はあまり離れた距離ではないため仕事内容や寮などを総合的に見て選ぶと良いでしょう。

栃木工場は3ヶ月と契約期間が短いため、短期間だけ働きたいという場合にはおすすめです。

またいわき工場は4工場で年収は一番低くなる可能性が高いですがそれでも独身なら十分と言える収入はもらえますし、入社祝い金が高額なのですぐにまとまったお金を得たい、普通に生活できるほどの月収があれば良いという場合には向いています。