トヨタ期間工の食事事情!寮で自炊はできる?

トヨタ自動車で働いてみようと考えた時に、食事について考えておいた方が良いです。

配属される工場の近くに住んでいるのであれば、自宅で自炊、飲食店等で食事をとれますが県外の方は寮に住むことになります。

コンビニや飲食店での食事は、栄養バランスやコスト的にも優しくありません。

では寮にある食堂はどうなのでしょうか?また自炊をしようと考えている方は、何を注意するべきか気になるでしょう。

そんな疑問を解決します。

寮に自炊する為の設備などはあるのか

結論から言うとありません。

全て自分で持ち込むことになります。

自炊は禁止されていませんが、後述する注意点をしっかりと把握してください。

自炊する場合の注意点

1.ガスコンロを使用しない

ガスコンロでの調理は火災報知機の誤作動により、寮全体が大混乱を起こします。

寮によって規制が緩かったりしますが、火災の原因にもなるので使用しないのが無難です。(ガスコンロの使用を禁止している場合も)

IHの調理器具を利用しましょう。

2.火災報知機の下で調理しない

だいたい部屋の真ん中に火災報知機が設置されています。

その下では調理しないようにしましょう。

こちらも火災報知器が誤作動する可能性がある為、大変な事になります。

3.冷蔵庫が小さい

冷蔵庫は入寮時に貸し出されます。

一人暮らしになる為、冷蔵庫が小さい位問題ないと思うかもしれません。

しかし実際に使ってみると、自炊する場合は問題となるでしょう。

筆者が入寮した時は50cm四方も無いサイズでした。

冷凍庫はファミリーサイズのアイス1箱がやっと入る位です。

短いスパンで買い出しをしなくてはいけないので、車やバイクを使う事が出来ない寮生活において、冷蔵庫のサイズは頭を悩ます要因になります。

4.働いた後に自炊する気力を保てるか

配属先の工場で肉体労働をした後に、果たして自炊する気力があるでしょうか?

筆者も初めの頃は自炊しようと意気込んでいましたが、食事の準備で時間を取られてしまうのです。

結局数ヶ月もしない間に自炊をやめ、食堂やコンビニ等を利用する事になっていました。

結論 自炊はオススメしない

配属されて暫くの間は特に肉体的、精神的疲労が大きい為、帰ってきてすぐに眠ってしまうという事も考えられます。

疲れてフラフラの中で自炊するのは苦痛です。

寮費、水道光熱費が無料なのですから、浮いた分のお金で食堂を利用した方が賢明でしょう。

寮の食堂について

1.食堂は1食500円~1000円とリーズナブル

寮の食堂はメニューにもよりますが、500円~1000円程度です。

サイドメニューやお酒を取らなければ1食500円程度で食べられます。

コンビニや外食をした場合、1食500円では物足りなさを感じずにはいられません。

食堂は安く、ボリュームもあるのでお腹いっぱい食べられるでしょう。

2.酒類も置いてある

ビールやチューハイ、日本酒が用意されています。

晩酌が欠かせない、仕事終わりに仲間と一緒に乾杯したい方には嬉しいラインナップです。

当たり前ですが飲酒して仕事に行かないでくださいね。

3.精算は現金、従業員証のどちらか

精算する方法ですが、現金か従業員証のどちらかで行う必要があります。

従業員証で精算すると翌月の給料が天引きされるので、あまり現金を使いたくない人は従業員証で精算しましょう。

4.テイクアウトも出来る

ほぼ全てのメニューをテイクアウトする事が出来ます。

部屋でゆっくり食事をしたい人にオススメです。

まとめ

食事は重要ですが、時間も重要です。

自炊に時間を取られるのは筆者は勿体無いと感じます。

せっかくリーズナブルな食堂があるのですから、有効活用しない手はありません。

もし自炊する場合は注意点を把握し、詳細は入寮先の寮務員に訪ねましょう。

寮生活に慣れるまでは食堂の利用をオススメします。