トヨタの期間工で学歴は関係ない!?

学歴不問で採用されるお仕事のなかで、期間工はおすすめしたい働き方です。

中卒でも高卒でも高収入を得ることができますし、頑張りによっては正社員に登用されることもありますよ。

今回、学歴不問で入社できるトヨタの期間工についてまとめました。

期間工とは

期間工とは企業が臨時で雇う期間限定の従業員のことで、一定の契約期間の間のみ定められた給料で働いてもらう契約社員です。

もともとは繁忙期のみ人員を確保するために企業が行っていた雇用形態です。

大手企業の期間工は給料が良かったり、期間限定なので寮が完備されていたり、契約が満了したときには臨時ボーナスがもらえたりと様々なメリットがありますよ。

期間工は学歴不問

期間工として採用される際には学歴は関係ないと言われています。

期間工の仕事は部品の組み立てや製品のチェックなどの単純作業が多いため、はっきり言ってしまうと頭はそれほど関係ありません。

それよりもきつい仕事をこなせる体力や、一般的なマナー、流れ作業を滞らせないチームワークが重要です。

期間工は中卒や高卒でもなれる?

期間工は学歴を気にしないので中卒や高卒でも採用されます。

ただしトヨタの期間工の採用条件に「3ヶ月以上勤務可能な18歳以上の方」とあるので、中学を卒業してすぐに期間工として働くことはできません。

労働法規上18歳未満の場合特別な配慮が要りますので、交替勤務前提の期間工として雇うことができないのです。

期間工として働きたい場合には18歳になるまで待ちましょう。

期間工は大卒でもなれる?

期間工は大卒でもなれます。

大学生になって中退した場合は高卒扱いになるのでもちろん採用されますよ。

ただし大卒だからといって採用に有利なわけではなく、採用されるには一般的なマナーややる気が重要だと言えます。

また、大卒でも50代で未経験の場合は採用されることは困難な場合が多いです。

正社員登用の場合は筆記試験あり

トヨタの期間工ではある一定条件下で正社員になれる「正社員登用制度」があります。

特にトヨタは正社員登用に積極的と言われています。

遅刻や欠席がなく勤務態度が真面目であり、かつ周りともうまくコミュニケーションを取りながら仕事をしていると確保したい優秀な人材ということで正社員に誘われることがあります。

ただし声をかけられたからといったすぐに正社員になれるわけではなく、登用されるには筆記試験をパスしなければならないので、この場合中卒よりも高卒や大卒といった学歴の持ち主のほうが有利かもしれません。

学歴詐称は罪

トヨタの期間工に採用されるために虚偽の学歴を書いたり適当な学歴を書くことに意味はありません。

中卒でも大卒でも採用されやすさに違いはないからです。

それよりも虚偽の学歴を書いた場合には「学歴詐称」として罪に問われることもあるので、絶対にしないようにしてください。

メリットはひとつもないので履歴書には必ず正確な学歴を記載するようにしましょう。

まとめ

トヨタの期間工での学歴の重要性についてまとめました。

トヨタの期間工として働く場合には中卒でも高卒でも大卒でも関係なく、学歴はほとんど重要視されません。

仕事をしっかりできる体力や一般的なマナーのほうが重要です。

ただしトヨタの期間工では18歳以上しか採用されないので、中学卒業後すぐに期間工として働くことはできません。

トヨタの期間工では正社員登用制度があり、期間工から正社員になることができます。

このとき筆記試験に合格しなければいけないので、正社員になる場合には高卒や大卒といった学歴のほうが有利かもしれません。

期間工として採用される場合には学歴はほとんど関係ないので、間違っても学歴詐称をしないようにしてください。